プロにお任せ

手提げ袋に印刷する方法について

手提げ袋に印刷する方法ですが、今も変わらず印刷業者へ依頼するほかありません。手提げ袋の種類はビニールや紙製、布製などさまざまです。それぞれ印刷方法が変わります。おもにビニールはシルク印刷やグラビア印刷、布製はシルク印刷、昇華型熱転写方式、紙製はオフセット印刷で手提げ袋に印刷されます。販売商品を入れるものとして需要が多いものは紙製になります。発注方法は入れる内容を業者へ伝え依頼します。商品イメージ、こだわりのあるものを追求される場合はグラフィックデザイナーやパッケージ専門業者へ相談するといいでしょう。販売商品を入れる為の手提げ袋なら包装紙や箱、商品タグなどと統一、またはバランスのとれたデザインにしないといけません。

今後の動向や傾向について

手提げ袋を制作する行程、システムは今後も大きく変わることはないでしょう。チラシやハガキ、名刺などと違い家庭内印刷は今後も出来なと予想されるからです。費用はインターネットを利用したネット通販なら安く発注出来ると思います。ただ、高クオリティーが必要な場合は販促企画会社やパッケージに強い、経験のあるグラフィックデザイナーへ相談や依頼することをお勧めします。手提げ袋は商品パッケージの1部と考え、商品の企画・構想から考える場合も多々あります。有名ブランドや企業、メーカーはセールスコピーやロゴ入れ、イメージカラーなどを手提げ袋に取り入れ販促効果をはかります。 ただ、名入れ印刷するという発送での制作は安易でもったいないです。

オリジナルの袋

無地の手提げ袋でも、印刷を施すことでオリジナリティー溢れる作品が完成します。文字や柄を入れると、ショップや通販サイトでも類似品がない1品ものが完成するので買い物やファッションに活かせます。

Read More

大判の活躍

サイズが大きいアイテムは、文字の記入も手書きで行われていた時代から大判印刷機で手軽にプリントできる時代に変わっています。大判印刷機は、激安でプリントできる店舗が複数存在します。

Read More

好印象を与える名札

名前を紹介するために使用されるネームプレートは、人物のほかにアイテムにも使用されています。商品に取り付けるプレートも、作成会社に依頼するとイメージにあったものをデザインしてくれます。

Read More

印刷業の歴史

小説や時事問題などの印刷から、現在はチラシなどの紙媒体から洋服やカバンなど布にも印刷できるようになっています。技術の発達にとって変化がめまぐるしいので、今後にも期待できます。

Read More