印刷業の歴史

印刷サービスのこれまでの流れとは

印刷サービスはこの数年で大きく変化を遂げています。ネット通販によるサービス提供が普及し、チラシやポスターなど多くの需要を生み出しています。最近までは出版不況と共に印刷業界では淘汰が進み、体力のある会社のみが生き残るという非常事態にまで進んできたものです。 けれどもネットによるサービス展開に舵を取ることにより、これまでは近場に印刷会社が無かったような地域からの注文も集めるなど、市場を広げる結果にもつながっています。そして作業効率の向上によって低価格化と短納期化が進み、また新たなサービス業務の参入によって、競争の激化も始まっています。そのような中において、新しい印刷サービスの提供も模索されるようになってきています。

これからの動向について予測されること

印刷サービスは再び価格競争が激しくなってきています。デジタル管理された印刷機の使用によって品質が安定する中で、効率化も極限にまで進んでいることから、付加価値をつけたサービスが求められるようになっています。 より高品質を求める傾向がある一方で、その品質自体ではなく宣伝広告としての有効性を高める試みがなされています。 つまり、チラシやパンフレットなどにおいて広告効果を高める要素としてデザインに注目されているわけです。その紙面レイアウトの要となるデザインに関するアドバイスを行うサービスが広まりつつあります。顧客が願う本当の目的に焦点を絞ったサービスが提供されるようになっているというわけです。これからはデータ分析と共に、このようなデザインに関わるコンサルティング的なサービスが増えると予測されています。