オリジナルの袋

オリジナル手提げ袋を作るための準備をしましょう

チームやクラス、グループや習い事など一体感を出したうえで、しかも市販にはないオリジナリティが出せるのがオリジナル印刷で作る手提げ袋ではないかと思います。また、集客用のノベルティーや購入特典としてのプレゼント、自社の宣伝効果を狙っての大量配布など企業のマーケティング戦略の一環として使われるケースも多いでしょう。企業など大量ロットで制作する場合は、代理店やメーカーを通じて海外工場などで大量生産が可能なため、手提げ袋1枚当たりの制作や印刷の費用が非常に安く作ることができます。また、布地に印刷加工をほどこした後からの手提げ袋制作も可能なので、より高度で洗練されたデザインの手提げ袋を作ることができます。

平均的な価格はどのくらいでしょう

先に述べたように5万10万のように大量発注を予定している企業にとって1枚当たりの手提げ袋の印刷費用は袋を入れても100円を切るなど、非常に価格を抑えて作成ができます。それは海外等の工場で大量生産をするからこその価格となります。個人や企業でも50個や100個といった少ないロットでの印刷を検討している場合の価格は版代、印刷代と上乗せがあるため割高になってしまう傾向にあります。1枚当たりの製作費が500円程度はかかってしまうケースが多いようです。井枚当たりの制作費用を安く抑えるためのコツとしては、まず印刷をするためのイラストをイラストレータなどの電子ソフトを使って自身で作成すること、そしてできるだけ作成枚数を増やすことです。