大判の活躍

横断幕の制作は現在、設備の進化と効率化によって手軽に、かつ激安で行えるものとなっています。その価格はこれまでの手作業によるものと比べると、劇的に安くなっているわけです。そのポイントとなるのが、大判のプリンターです。印刷技術は今では様々な媒体に利用できるようになっています。横断幕のような布もその例外ではなく、大判プリンターを利用することによって、そのデザインとなるデータをそのままに写し取ることが可能となっているわけです。 通常であれば横断幕のような納品数が多くないものは、単価が高くなるものです。通常の印刷でも同様ですが、大判プリンターの場合には事情が異なります。印刷機での印刷とは異なり、何枚プリントしてもその単価は変わることが無いのが特徴となります。その結果、激安での提供が可能となったわけです。

横断幕の制作と言えば、これまでは布に直接プリントする方法が取られていましたが、手間のかかる手作業であったことから、時間と費用が必要となったものです。それが現在では布に転写できる特殊な紙にデザインをプリントするだけで、激安で制作できるようになっています。 大判プリンターでデータから直接プリントした転写紙と布を合わせ、熱処理を加えることによってその絵柄は転写されることになります。通常の印刷とは異なり製版作業も不要となることから、手間がかからない上に何枚もプリントできることにより激安にてサービス提供できるものとなっています。情報の移り変わりが早い現代においては、横断幕の制作においてもスピードが求められているというわけです。